HOME > シロアリ被害の写真館:バックナンバー > イエシロアリ台所被害 床下材木食害写真

イエシロアリ台所被害 床下材木食害写真

イエシロアリ流し台裏の土台被害@

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

イエシロアリ台所被害 床下材木食害写真

▼詳細
大阪府堺市浜寺のイエシロアリ(どう猛)の流し下の被害です。
 
写真は、流し台の床下の土台被害です。
写真では分かりにくいと思いますが、土台は紙切れのようになっていて、床も抜け落ちかけています。
 
イエシロアリは、海沿いの沿岸地域に多く生息していて、一般的に知られているヤマトシロアリと比べると、何倍もの勢力があります。
 
巣の大きさも、直径1メートル四方(床下収納庫位)の多きな巣を作ります。 
 
なので、個体数もすさまじく多く一度被害にあうと、床下はもちろん2階、3階天井裏、梁(はり)なんかも紙切れのようにしてしまいます。
 
イエシロアリの場合は早期発見、早期駆除しないと家を建て替えないといけなくなる可能性も大いにあります。
 
このお家は、床が抜けてからシロアリ駆除をしたので、家全体に被害がおよんでいました。
 
本当に怖いのでみなさん気をつけて下さい!!
スタッフ紹介

ヤマトシロアリ研究所
〒587-0051
大阪府堺市美原区北余部221-28
フリーダイヤル:0120-444-870
TEL:072-361-4614
FAX:072-361-4394
携 帯:090-8235-3118

新築予防について
中古住宅シロアリ調査
お問い合わせはこちらから