HOME > シロアリ被害の写真館:バックナンバー > 前回防除より6年目のシロアリ再予防 大阪府堺市

前回防除より6年目のシロアリ再予防 大阪府堺市

堺市美原区K様邸6年目シロアリ予防処理(床下土間コンクリート) (3)

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

前回防除より6年目のシロアリ再予防 大阪府堺市

▼詳細
大阪府堺市美原区K様邸 6年目シロアリ予防工事

シロアリの種類→ヤマトシロアリ、イエシロアリ

被害箇所→予防の為なし

施工面積(1階床面積)→16.5坪(約54.49u)

施工金額→¥86.650−(税込み)

スタッフ数→3名

施工時間→9:00〜11:30(2時間半)

保証内容→5年間、補修300万円の4社協同保証(当社、薬剤メーカー、薬剤販売会社、保険会社)
3年目『中間点検』5年目『最終点検』の無料アフターサービスがついています


施工状況→この物件は、当社で6年前にシロアリ予防処理をさせて頂き、3年目中間点検異常なし、5年目最終点検異常なし、6年目点検も異常ありませんでしたが、床下の薬剤効力が低下してきてたので、再処理をおすすめしてお見積もりをさせて頂きました。

その数日後K様が当社に訪問され、シロアリ予防処理をすることになりました。

K様邸の物件は、床下土間コンクリートで風呂場ユニットバスでトイレも中空床式なので、床下環境はとても良い状態でした。

基礎パッキン工法ではありませんが、床下通風口から良く風も入って湿気もなく、材木の劣化や水漏れも全くありませんでした。

しかし、床下生息昆虫が1年前よりかなり増加し、6年前にシロアリ予防した際の薬剤効果はかなり低下していたので、その旨を写真を交えながら説明させていただきました。

お見積もりは、当社のH.P予防単価6,000円より安い5,000円ですが、お風呂がユニットバスでトイレが床式で床下環境が良好な為です。

なぜ見積もり金額が安くなるかと言いますと、シロアリの防除工事は床下に薬剤を散布するだけではありません。

日本のほとんどの一般住宅には、散布だけでは薬剤が到達しない箇所が
必ずあります。
もちろんシロアリは、薬剤の到達していない箇所を探し当てて、集中的に美味しい材木を食害します。

当社は、このような薬剤が到達しない場所に、的確に薬剤を到達させる為に、床下の要所要所にドリルで穿孔処理をしたり、玄関袖壁やポーチ柱などに3.5ミリの小さい穴を開けて専用の拡散ノズルで薬剤を注入し、綺麗に補修をします。

この作業がK様邸は少ない(再施工の為)ので予防単価を安くする事ができました。

新規のお客様でも、床下無料点検時にきっちり確認して、お客様に工事説明をさせて頂きますが、床下環境が良好で、住宅の構造上シロアリ防除作業内容が少ない場合は、6,000円より安いお見積もりになりますが、手抜き工事ではなく上記のような理由がありますので、ご了承下さい。



シロアリの薬剤の効力は5年になります。
特にイエシロアリのいる地域は、必ず5年おきに予防処理をすることをおすすめします。

マイホームの維持管理の一環として、シロアリ被害にあうまえに必ずシロアリ予防処理はしましょう。

点検は無料でさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。
スタッフ紹介

ヤマトシロアリ研究所
〒587-0051
大阪府堺市美原区北余部221-28
フリーダイヤル:0120-444-870
TEL:072-361-4614
FAX:072-361-4394
携 帯:090-8235-3118

新築予防について
中古住宅シロアリ調査
お問い合わせはこちらから