HOME > シロアリ被害の写真館:バックナンバー > イエシロアリ対応予防工事 高石市7年目 羽アリ対策

イエシロアリ対応予防工事 高石市7年目 羽アリ対策

高石市T様邸泉北ホーム7年目シロアリ予防処理(床下土間コンクリート) (2)

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

イエシロアリ対応予防工事 高石市7年目 羽アリ対策

▼詳細
大阪府高石市T様邸 7年目シロアリ予防工事

シロアリの種類→ヤマトシロアリ、イエシロアリ

被害箇所→予防の為なし

施工面積(1階床面積)→13坪(約42.93u)

施工金額→¥68.250−(税込み)

スタッフ数→2名

施工時間→9:00〜11:00(2時間)

保証内容→5年間、補修300万円の4社協同保証(当社、薬剤メーカー、薬剤販売会社、保険会社)
3年目『中間点検』5年目『最終点検』の無料アフターサービスがついています


施工状況→この物件は、泉北ホームで7年前に新築予防処理をさせて頂き、3年目中間点検異常なし、5年目最終点検以上なし、6年目点検異常なし、7年目点検も以上ありませんでしたが床下の薬剤効力が低下してきてたので、再処理をおすすめしてお見積もりをさせて頂きました。

その後T様から当社に連絡があり、シロアリ予防処理をすることになりました。

T様邸の床下は、土間コンクリートですがシロアリにとったら関係ありません。

特に高石市でも海に近い地域は、砂地の所が多くイエシロアリが生息している地域ですので、床下の薬剤がきれたまま放置していると1年程で1階天井から2階天井(屋根裏)まで被害がでる経験をしているので、このことをお客様に伝えています。


シロアリ予防工事方法は、薬剤を床下に散布するだけではありません。

日本のほとんどの一般住宅には、散布だけでは薬剤が到達しない箇所が
必ずあります。
もちろんシロアリは、薬剤の到達していない箇所を探し当てて、集中的に美味しい材木を食害します。

優れたシロアリ防除業者は、このような薬剤が到達しない場所に、的確に薬剤を到達させてシロアリの侵入を防ぐ技術があります。

T様邸の場合は、玄関袖壁やポーチ柱に3.5ミリの小さい穴を開けて専用の拡散ノズルで薬剤を注入し、綺麗に補修します。
玄関ドアのアルミサッシ枠のビスを外して、空間部分と土間下に薬剤注入します。

床下は、プラスチック製束(プラ束)なので玄関周辺土台、大引きと土台のつなぎ目部分に8ミリの穴を開けて薬剤を注入、吹き付けします。

最後にコンクリート全面と床板に土壌処理薬剤を処理します。


シロアリの薬剤の効力は5年になります。
特にイエシロアリのいる地域は、必ず5年おきに予防処理をすることをおすすめします。

マイホームの維持管理の一環として、シロアリ被害にあうまえに必ずシロアリ予防処理はしましょう。

点検は無料でさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。
スタッフ紹介

ヤマトシロアリ研究所
〒587-0051
大阪府堺市美原区北余部221-28
フリーダイヤル:0120-444-870
TEL:072-361-4614
FAX:072-361-4394
携 帯:090-8235-3118

新築予防について
中古住宅シロアリ調査
お問い合わせはこちらから