HOME > シロアリ被害の写真館:バックナンバー > 洗面所、トイレ、風呂が土間で羽アリ大量発生、駆除施工

洗面所、トイレ、風呂が土間で羽アリ大量発生、駆除施工

大阪市平野区A様邸洗面所、風呂場、トイレ土間で隣合わせの被害(風呂場よりヤマトシロアリ羽アリ) (1)

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

洗面所、トイレ、風呂が土間で羽アリ大量発生、駆除施工

▼詳細
大阪市平野区A様邸 シロアリ予防工事

シロアリの種類→ヤマトシロアリ

被害箇所→洗面所(土間)、トイレ(土間)、風呂場(土間)、玄関周辺、床下よりも床上被害

施工面積(1階床面積)→30坪(約100u)

施工金額→¥204,000−(税込み)

スタッフ数→4名

施工時間→9:00〜13:00(4時間)

保証内容→5年間、補修300万円の4社協同保証(当社、薬剤メーカー、薬剤販売会社、保険会社)
3年目『中間点検』5年目『最終点検』の無料アフターサービスがついています


施工状況→この物件は、洗面所、風呂場、トイレが土間造りで隣合わせになっています。
土間造りと言うのは、現在主流のユニットバスや床式トイレではなく、タイル張りで床下がなくコンクリート直張りタイルみたいな状態です。

その上、洗面所、風呂場、トイレが隣り合わせなので、土間造りはかなり広範囲です。

今回、その土間周辺からヤマトシロアリの羽アリが大量発生しました。

まず床下調査をしてみると、床下はシロアリ被害や蟻道がほとんどありませんでした。

施主様に以前シロアリの予防処理をしたか伺ってみると、15年位前に
一度シロアリ予防処理をしてもらったようです。

しかし、床下や洗面所、風呂場、トイレには薬剤を注入した痕跡(穿孔処理跡)が無かったのです。

よくよく聞いてみると、直接訪問販売で回ってきた業者さんで、床下に入って作業していたけど、土間部分への処理は何もしていなかった様子。


この話を聞いてすべての疑問が解決されました。

前回工事した業者さんは、床下に入って薬剤を散布しただけっだたのです。

その為、土間コンクリートで覆われている部分(洗面所、風呂、トイレ、玄関周辺)には全く薬剤が到達せずに、シロアリの被害を集中的に受けてしまったのです。


シロアリの駆除工事や予防工事は、薬剤を散布するだけではありません。
日本のほとんどの一般住宅には、散布だけでは薬剤が到達しない箇所が
必ずあります。
もちろんシロアリは、薬剤の到達していない箇所を探し当てて、集中的に美味しい材木を食害します。

優れたシロアリ防除業者は、このような薬剤が到達しない場所に、的確に薬剤を到達させてシロアリの侵入を防ぐ技術があります。

しかし、前回予防処理をした業者さんが的確な工事をしなかった為に、薬剤の効いている箇所と無処理の箇所ができてしまったのです。

当然シロアリは薬剤の効いていない場所を集中的に食害するので、一気に巣が成熟して羽アリが飛び出したのです。


このような状態の駆除工事ポイントは、いかに土間部分周辺に薬剤を注入するかです。

床下からはあまり土間部分に薬剤が到達しないので、床下工事はほとんどシロアリ予防工事と同じ手順になります。

そして問題の土間部分の処理方法は、壁に3.5ミリ穿孔処理、敷居や枠などの材木に6ミリ穿孔処理、土間床に6ミリのロングピットで土部分に貫通するまで穿孔処理をします。

開けた穴に専用のノズルで薬剤注入します。
きっちり薬剤が浸透したら綺麗に補修します。

これで1年後羽アリが出なければ確実に駆除完了となります。


シロアリの薬剤の効力は5年になります。
特にイエシロアリのいる地域は、必ず5年おきに予防処理をすることをおすすめします。

マイホームの維持管理の一環として、シロアリ被害にあうまえに必ずシロアリ予防処理はしましょう。

点検は無料でさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。
スタッフ紹介

ヤマトシロアリ研究所
〒587-0051
大阪府堺市美原区北余部221-28
フリーダイヤル:0120-444-870
TEL:072-361-4614
FAX:072-361-4394
携 帯:090-8235-3118

新築予防について
中古住宅シロアリ調査
お問い合わせはこちらから