HOME > シロアリ被害の写真館:バックナンバー > 分厚いコンクリートを突破したイエシロアリの蟻道

分厚いコンクリートを突破したイエシロアリの蟻道

分厚いコンクリートからイエシロアリの蟻道構築 画像

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

分厚いコンクリートを突破したイエシロアリの蟻道

▼詳細
この写真は、堺市西区のマンションの1階トイレ部分です。
トイレの床をめっくた所です。

写真を撮った数日前にトイレ、洗面所、玄関などから茶色い羽アリ(イエシロアリ)が1000匹位大量に出た為、当社に連絡が入りました。

調査してみると、洗面所とトイレと廊下部分のみ床が組んであり、その他の部屋はコンクリートに直接クッションフロアーを張ってる状態でした。

このマンションの材木を使用している場所と言うと、床がある洗面所、トイレ、廊下、和室の押入れだけでした。
シロアリが生息するのに必ず材木が必要です。

マンションオーナー様にイエシロアリ生態侵入経路対策を説明して床をめっくってイエシロアリ駆除を開始しました。
幸いこの部屋は入居者様が出られた後だったので、このような形で駆除することができました。

一番大事な侵入経路ですが、今回は分厚いコンクリートを食い破ったのではなく、洗面所やトイレやユニットバスの排水パイプの隙間から侵入していたのです。(別ページに詳細写真あり)


一般の方は、シロアリ被害と言うと一軒家をすぐに連想されると思いますが、実際にはこのような鉄筋コンクリートマンションでも甚大な被害をだすんです。

一般的に、シロアリの食べ物は湿った材木を連想しますが、乾いた材木を食害するシロアリもいます。(イエシロアリ)
被害はイエシロアリが格段に大きく、駆除の困難さもイエシロアリが格段に上です。

セルロースと言う成分を主食としますので、材木を原料とするものは全て被害対象です。(ダンボール、新聞、発泡スチロール、断熱材、石膏ボード、石油製品など)

その為、鉄筋コンクリートに甚大なダメージはありませんが、侵入する為に通るコンクリートに穴を開けて、構造物の一部に使われる木部、ケーブル、家具、紙類、衣類、タタミなどに被害がでます。

マンションの場合には、洗面所、トイレなどは床が上げてありフローリングが多く、床材や押入れの木部を含む中身全体まで、家具や家具の中身、ピアノ、壁内の木部、石膏ボードなど、生活全体に被害が及びます。

写真1→トイレの床を支えている材木を支えに蟻道を構築している。

写真2、5→トイレの配管から分厚いコンクリートを突破して蟻道を構築している。(アップ写真あり)

写真3→無数の別れ道を構築し、分散して材木を食害している。

写真4→トイレの配管から、四方八方に蟻道を構築している。このような侵入をするので被害があちこちに拡大します。

動画コーナー
スタッフ紹介

ヤマトシロアリ研究所
〒587-0051
大阪府堺市美原区北余部221-28
フリーダイヤル:0120-444-870
TEL:072-361-4614
FAX:072-361-4394
携 帯:090-8235-3118

新築予防について
中古住宅シロアリ調査
お問い合わせはこちらから