HOME > シロアリ被害の写真館:バックナンバー > ヤマトシロアリの空中蟻道と材木に侵入被害写真(蟻土)

ヤマトシロアリの空中蟻道と材木に侵入被害写真(蟻土)

ヤマトシロアリの床下蟻道構築(画像)

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

ヤマトシロアリの空中蟻道と材木に侵入被害写真(蟻土)

▼詳細
写真(画像)は、ヤマトシロアリの木造住宅床下の蟻道です。

まず、蟻道(蟻土)とは
シロアリは乾燥を嫌いますので、必ず外気(光や風や太陽など)に触れないように生きています。
外気に触れない為に、自分たちの土や糞や材木などで真空状態のトンネルを作ります。
一般的には硬いものに沿わして作りますが、まれに写真のような離れた物体間を結ぶ空中蟻道と言うものも作り材木を食害します。
シロアリの皮膚(外骨格)とも言えるでしょう。

写真1
今、まさに地面から床束に向けて蟻道を構築中です。

写真2
何も沿わす物がなければまっすぐ上に向かって空中蟻道を作ります。
完成まではかなりの時間がかかりそうです。
奥には立派な基礎に沿わした蟻道が見えています。

写真3
2枚目の写真で見えていた基礎沿いの蟻道です。
一般的なヤマトシロアリの蟻道と言えます。

写真4
3枚目のアップ版です。
材木に侵入しているのがよく分かると思います。
シロアリはいきなり材木を食べるのではなく、必ず蟻道を作って材木の内部に侵入します。
私たちは、床下点検で絶対に蟻道を見逃してはいけないんです。

写真5
空中蟻道を何度も作っては潰れてまた作っては潰れて、結局あきらめて他の場所で蟻道を作ったようです。

シロアリ駆除工事にかかる費用をわかりやすく載せています。
参考にどうぞ。
スタッフ紹介

ヤマトシロアリ研究所
〒587-0051
大阪府堺市美原区北余部221-28
フリーダイヤル:0120-444-870
TEL:072-361-4614
FAX:072-361-4394
携 帯:090-8235-3118

新築予防について
中古住宅シロアリ調査
お問い合わせはこちらから