HOME > シロアリ被害の写真館:バックナンバー > コンクリート造りのシロアリ駆除工事 施工実績

コンクリート造りのシロアリ駆除工事 施工実績

河内長野市三井プレコンヤマトシロアリ被害(根がらみ)

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

コンクリート造りのシロアリ駆除工事 施工実績

▼詳細
大阪府河内長野市O様邸 シロアリ駆除施工

シロアリの種類→ヤマトシロアリ

被害箇所→玄関、土間風呂、トイレ、和室、洋間、廊下、束、大引き、幅木、床下廃材、根がらみ、タンスなど1階全域

施工面積(1階床面積)→30坪(99u)

施工金額→¥189.000−(税込み)

スタッフ数→2名

施工時間→1日目 8:30〜13:00(4時間半)
        2日目 改築中の為トイレと風呂場のみ1時間程度

保証内容→5年間、補修300万円の4社協同保証(当社、薬剤メーカー、薬剤販売会社、保険会社)、3年目『中間点検』5年目『最終点検』の無料アフターサービスがついています

施工状況→この物件は、築20年位の三井プレコンの2階建ての物件です。

リフォームをしている途中に、シロアリに食害されているのを大工さんが見つけて当社に連絡がありました。

この物件は、壁が全面コンクリートで作られていて柱はほとんどはいっていません。
しかし、床下は材木の束で根がらみが入っていますが、大引きのみで土台は入っていません。

風呂場の壁にも材木は入っておらず、ご主人様はシロアリとは無縁だと思っていて、一度もシロアリ予防を考えたことがなかったようです。

この家は、床下が一部屋づつコンクリート基礎で囲まれていて、一部屋づつ大工さんに床下侵入口を作ってもらい、順番に一部屋づつ仕上げていきました。

施工方法は、まず床下の被害の出ている部分と床束、大引き、根太にドリルカットし木部処理薬剤を吹き付け注入します。

そして、土壌処理薬剤を地面全面に散布します。

床上の作業は、玄関周りの材木は2階まで被害が拡大していたので、一番上から3.5ミリの小さい穴をあけて薬剤注入し、その薬剤の広がり具合をみて、下へ下へ薬剤をまわしていきます。

壁はコンクリートですが、壁紙を張るために薄い材木を縦に入れてるので、内側から壁に3.5ミリの穴を数箇所開けて拡散ノズルで壁内に薬剤を注入します。

開けた穴は同じ径の木栓に色を塗り、見た目が分からないように綺麗に補修します。

もちろん床下に落ちている廃材はすべて綺麗に掃除し、今後シロアリが侵入しないようにしました。

被害にあえば、シロアリ駆除費用の他に大工さんに入ってもらって、修復費用がかかってしまいます。

皆さんもシロアリ被害にあうまえに、必ずシロアリ予防処理はしましょう。
スタッフ紹介

ヤマトシロアリ研究所
〒587-0051
大阪府堺市美原区北余部221-28
フリーダイヤル:0120-444-870
TEL:072-361-4614
FAX:072-361-4394
携 帯:090-8235-3118

新築予防について
中古住宅シロアリ調査
お問い合わせはこちらから