HOME > シロアリ被害の写真館:バックナンバー > シロアリ被害材木 拡大写真 被害の見つけ方

シロアリ被害材木 拡大写真 被害の見つけ方

ヤマトシロアリが食べた材木(白蟻 被害 見つけ方)

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

シロアリ被害材木 拡大写真 被害の見つけ方

▼詳細
写真の材木は、床下に落ちていた材木です。

当社はシロアリ駆除施工、予防施工をする時に必ず床下に落ちている廃材やゴミや木くずを全部掃除してから、薬剤処理をします。

なぜかと言うと、ゴミや廃材を床下に放置しておくとシロアリの薬剤効果が弱くなった時に、シロアリの餌になってしまうんです。

シロアリの予防効果が切れてから、再度シロアリの被害がでるまでの期間は、床下の環境や家周りの環境整備でかなり差がでるんです。

それで、床下の環境整備は当社がシロアリ施工をした際に、一緒に綺麗にするんです。

そのかわり、家の周りの環境整備は施主様にお願いしています。
環境整備の方法は、当社がきちんとわかりやすく説明させて頂いています。

シロアリ駆除、予防施工後この2つの事を気をつけるだけで、少しでも長く予防効果持続できます。


シロアリは表面を残して人間から見えない材木の内部を食害します。

この写真の材木は、一般的に住宅で使用している材木より太い材木です。
太い材木でもシロアリに被害にあうと、こんな紙切れのようになってしまいます。

土台や大引きや柱など、家を支えている材木をこんな感じに食害されると思うとゾッとします!!

みなさんも、シロアリ被害にあう前に『シロアリ予防処理』をしましょう。

シロアリ予防の料金をわかりやすく載せています。
参考にどうぞ。
スタッフ紹介

ヤマトシロアリ研究所
〒587-0051
大阪府堺市美原区北余部221-28
フリーダイヤル:0120-444-870
TEL:072-361-4614
FAX:072-361-4394
携 帯:090-8235-3118

新築予防について
中古住宅シロアリ調査
お問い合わせはこちらから